高知よさこい祭り、徳島阿波おどりの旅(2007/8/10〜13)





以前から行きたかった「よさこい祭りと阿波おどり」に行って来ました。
同じ行くなら両方観ようと思い車中2泊、ホテル1泊の行程です。
行程
10日の夜に京都23:24発のムーンライト高知に乗車、
11日朝7:13高知に到着。
桂浜、よさこい祭りを観た後、高知15:39発の阿波池田行に乗車。
阿波池田でホテル泊。





一ヶ月前の発売日10時に普通車指定席を予約しましたが
早々満席の状態でした。カーペット車も女性専用コーナー以外は満席です。
グリーン車が少し空いていたので指定席取りました。
普通車以外は18きっぷが使えないのが残念です。






カーペット車(グリーン車)です。
18きっぷは使えません。





京都23:24発「ムーンライト高知」でグリーン車の贅沢な旅です。
座席の間隔が非常に広くて、足を伸ばしても前の座席に届かなく、
シートを完全に倒しても後部座席の人に迷惑を掛けない様です。
快適な旅でした。





翌朝7:13高知到着です。
いつもの夜行よりゆっくりと眠れました。






高知駅前から土佐電気鉄道〜バスを乗り継いで桂浜へ。
桂浜は3年前、「四国、室戸岬の旅」で訪れています。





桂浜の龍頭岬に建つ坂本竜馬銅像。





高知県を代表する名勝桂浜です。
月の名所としても有名で、近くには土佐犬の格闘を
観る「土佐闘犬センター」があります。






はりまや橋はよさこい節にも歌われ、高知といえばはりまや橋と
言われるほど有名な橋ですが、
日本三大がっかり名所とも言われています。





よさこい祭りは毎年8月9日の前夜祭を皮切りに、10〜11日の本祭、
12日の後夜祭とよさこい全国大会が開かれます。
高知市内15ヶ所の競演場、演舞場で観れます。
一部有料席(桟敷席)もあります。

よさこい祭りについて詳しくは
高知市観光協会



我々は帯屋町筋で楽しみました。
迫力ある踊りのチームが次々と来ます。





踊り子は「鳴子(なるこ)」を持って踊るのがルールです。

よさこい祭りの迫力ある動画を楽しみたい方は







昼食は帯屋町にある「郷土料理 土佐藩」で食べました。
写真の「さばの姿寿司」最高です。
頭、尾も寿司飯で一杯で一人では食べきれません。
これで1,500円ですよ!!!!






うつぼの唐揚げも美味しいですよ。
大阪、東京、横浜にも姉妹店があります。





よさこい祭りを楽しんだ後、
高知から宿泊先の阿波池田に向かいます。





高知15:39発の阿波池田行に乗車。
18:06阿波池田着。






よさこいの余韻に慕っている相棒です。
明日は阿波おどりやで!






17:34大歩危着、3分停車です。
「ぼけ」とは、谷の両岸に山が迫る険しい場所の意味です。





ホームに「祖谷のかずら橋」の模型があります。
以前に一度行きましたが祖谷川にかかる吊り橋で、
高さ14mで歩くとぎしぎしと揺れスリル満点ですよ。






17:44小歩危通過。
大歩危、小歩危、我々2人みたいですね?





12日は阿波池田9:41〜11:25徳島21:38〜22:39穴吹
穴吹23:14〜23:56阿波池田00:49〜6:44京都の行程です。





9:41発徳島行に乗車。





10:46学駅(がく)通過。
入場券が受験生の人気を集めています。





11:25徳島到着。





街中から見た徳島市のシンボル眉山です。
映画「眉山」の題名にもなっています。






眉山の山麓に「阿波おどり会館」があり、
年中阿波おどりを見ることが出来ます。
ここから眉山山頂までロープウェイで登れます。






流し踊りに出発前の踊り子さんと記念撮影。





阿波おどりは毎年8月12日から15日まで開催されます。
有料演舞場4ヶ所、無料演舞場3ヶ所あり
午後6時から10時30分まで開演します。
他におどり広場、おどりロード、街角おどり等でも見れます。

阿波おどりについて詳細は
 こちらまで



我々は無料の両国本町演舞場に2時間前から陣取りました。
早くから席を取らないと座れません。






阿波おどりの動画を楽しみたい方は 阿波おどりネット





8時半頃まで踊りを楽しんだ後、早めに駅に向かいました。





21:03発の阿波池田行は満員でしたので
次の21:38発の穴吹行を待ちます。






穴吹22:39到着、23:14発の阿波池田に乗換、
阿波池田23:56着、00:49発の「ムーンライト高知」で京都へ。
13日早朝の6:44京都到着。



旅の記録トップへ